初めて風俗で働く人へのマニュアル

風俗業界で安心して働くために

今こそ知るべき!マイノリティ風俗への招待

女性も安心!マイノリティ風俗

障害のある方をメインに受け入れることで知られるマイノリティ風俗。
より本格的なマイノリティ風俗では採用条件に介護資格の取得をくわえるなど、一般の風俗とは差別化をはかっています。
マイノリティ風俗では専門的な介護が求められる分、女性にとってもハードルが高いように思われがちですが、実際には女性にとっても働きやすい業態として注目されています。
一般の風俗では少なからず、客からの暴力やストーカー行為などが問題になりますが、マイノリティ風俗ではその心配はほとんどなく、介護のポイントさえおさえておけば肉体的によけいな負担がかかることもありません。
最近では高齢者専門の風俗店も増えており、風俗の業態は今後ますます細分化されていくと見られています。

マイノリティが働く!風俗の革命

マイノリティの方々が利用するから「マイノリティ風俗」、というだけではありません。
つい最近も風俗店でコンパニオンとして働く身体障害のある女性がマスメディアなどで取り上げられたように、風俗業界は今や障害のある女性にとっても「働く場所」として認識されているようです。
障害の程度はさまざまで、手足など目に見える部位に障害を抱えているケースもあれば、いわゆる内部疾患で行動が制限されているケースもあり、一般企業で働くのは難しいけれど働き方が柔軟に選べる風俗なら、ということでこの道を選ぶ女性が少なくないようです。
マイノリティを雇うお店側も現時点では手探り状態がつづいているようですが、マイノリティ風俗が今後の日本でスタンダードになればお店としてもさらに雇いやすくなり、労働環境も整備されていくと考えられます。


この記事をシェアする