初めて風俗で働く人へのマニュアル

風俗業界で安心して働くために

初心者でも働きやすくなる風俗マニュアル

新しい風俗?オナクラに注目!

「ライト系風俗」の代表として、ここ数年オナクラが注目されています。
オナクラが提供する性的サービスは原則として手コキのみで、女性が全裸になる必要もありません。
お店によっては男性のオナニーを女性がただ鑑賞するだけ、というところもあります。
ただ、最近ではオナクラでもオプションとしてフェラチオや女性の全裸サービスを設定しているところがありますので、そのあたりは入店時に確認しましょう。
できれば男性にふれたくない、という方はガールズバーを探してみましょう。
風営法の管轄ですが性的サービスは一切なく、ごく普通のバーのような感覚で働くことができるため、風俗の入門編として定着しつつあるようです。
ただ、ブラックなガールズバーになるとコンパニオンに店外デートを矯正したりするところも少なくないようですので、事前にお店の雰囲気をチェックしておきましょう。

初心者にこそソープがおすすめ?

風俗の入門編としていわゆる「ライト系風俗」が注目されている一方で、初心者こそソープランドで働くべき、という声もあります。
ソープランドでは本番行為があるため一見、女性側の肉体的負担が大きそうですが、その分衛生管理などが徹底されており、プレイ中は必ずコンドームを着用するため妊娠や性病のリスクもほぼありません。
また、ソープランドは手コキからフェラチオ、そしてピストンまで風俗嬢として求められるテクニックのすべてが詰まっており、最初からソープランドでスキルを磨いておけばその後どんなお店で働いたとしても男性をきっちり満足させられる、というメリットもあるようです。
ちなみに、手コキやフェラで射精させるよりも膣内のピストンでイカせたほうが楽、という女性も意外と多いみたいですね。


この記事をシェアする